IMPLANTインプラント

インプラント

インプラント治療は、術前の診査および診断が重要です。
CT撮影を行い、専用ソフトを用いて分析し、治療計画を立案します。
手術は、治療計画立案時に作製したサージカルガイドを使用します。
侵襲の少ない、安全な手術を行います。

歯の破折や事故などにより歯を失ってしまった場合、何かしらの処置が必要になります。
歯がないままにしておくと、前後の歯、咬み合っていたの歯の位置が変わります。
1本の歯を失うと、咬み合わせに影響します。咬みあわせの変化は、さまざまな問題を起こします。

歯を失った部位によりますが、欠損を補う処置(補綴処置)には、いくつかの方法があります。
ブリッジ、入れ歯(義歯)の他に、インプラントという選択肢があります。
外科的な処置が必要になりますが、欠損部の補綴に有効な方法となります。

インプラント治療は術前の診査および診断が非常に重要です。
CT撮影を行い、専用ソフトを用いて治療計画を立案します。
手術には、計画立案時に設計したサージカルガイドを使用します。
侵襲の少ない、安全な手術を行います。

インプラント治療は術前術後が大切です。
術前の準備 上下の歯型および咬みあわせの記録の採得を行います。
診断用模型の作製およびワックスアップを行います。
CT撮影 提携している医科の病院にてCT撮影を行います。
CT分析および手術計画立案 CTのデータを専用ソフトにて分析、計画の立案を行います。
サージカルガイドの設計および製作を行います。
インプラント治療計画の説明 CTデータおよび手術内容の説明を行います。
インプラント1次手術 サージカルガイドを使用し、手術を行います。
インプラント体を顎の骨の中に埋入します。
インプラント2次手術 歯ぐきの形を整える手術を行います。
インプラント部仮歯作製 インプラント部に仮歯を作製します。
インプラント部補綴物作製 インプラント部の最終的な補綴物を作製します。
術後のケア インプラントを長期にわたり機能させることが大切です。
歯科医院では専用の器具を用いてケアを行います。
毎日のケアと、定期的な歯科医院でのケアが必要です。
気をつけて頂くこと インプラントによる治療は、全ての方に行なうことが出来る処置ではありません。
当院では喫煙されている方には、歯周外科処置およびインプラント治療はお勧めしておりません。

ページトップへ